ピオリナ化粧水の成分解析!赤ら顔や敏感肌でも本当に大丈夫?

赤ら顔や敏感肌の人でも安心して使える?ネットのランキングで上位のピオリナ化粧水の成分は?しろ彩化粧水はどう?ピオリナ同様、しろ彩化粧水も赤ら顔や敏感肌の人向けに作られているということでしろ彩化粧水の成分についてもご紹介します。

ピオリナをお得に購入できるサイトはこちら>>>

ピオリナ化粧水は赤ら顔などのお肌の弱い人向けの化粧水です。でも何が使われているのか分からないので使うのはちょっと・・・というこで成分を調べてみました!

ピオリナ化粧水のお肌を正常に戻す成分で肌トラブル改善!しろ彩の漢方エキスで赤みとり!

間違ったスキンケアでお肌に負担をかけ続けていると表面の皮膚が薄くなってしまい、毛細血管が透けて見えてしまいます。薄くなった皮膚は敏感で刺激を受けやすく毛細血管が刺激により広がってしまう場合があります。ピオリナ化粧水は「オタネニンジン根エキス」が、配合されています。「オタネニンジン根エキス」は血液の循環を正常に戻す成分です。

ピオリナ化粧水はオタネニンジン根エキスを含めて主に三種類の成分が漢方エキスを使用しています!漢方エキスが肌の赤みにアプローチ!改善を目指します。一方、しろ彩化粧水はどうでしょうか?こちらも漢方エキスを配合しています。注目したいのは「ショウガ根茎エキス」です。「ショウガ根茎エキス」もめぐりを良くするのと、高い保湿効果もあります。ピオリナ化粧水もしろ彩化粧水も漢方を使用して成分にはこだわりがありそうですね。

厳選されたピオリナ化粧水の漢方エキスと気になる配合成分は?しろ彩に使われている漢方エキスはどんな感じなの?

ピオリナ化粧水に配合されている漢方エキスは主に3種類!オタネニンジン根エキスは高麗人参とも呼ばれており、肌のターンオ-バーを促進させて肌の老化を防止、ニキビ、肌荒れなどに良いとされる成分で色々な化粧品に使われています。

ブクリョウは更年期症状の薬に使われていますがお肌の乾燥を防ぐ、保湿性のある成分でもあります!マグワ根皮エキスはメラニン色素が作られるのを抑制してお肌のトーンをアップさせます。その他の成分ではバリア機能の回復にヒアルロン酸、お肌への刺激から守る天然ヒト型セラミド、お肌のキメを整えるアミノ酸系セラミドなどの成分が配合されています。プラスとして進化型ビタミンCも入っておりトーンアップする成分として配合されています。

一方、しろ彩化粧水は4つのエキスでお肌の改善に良い成分が使われております。ショウガ根茎エキスは、めぐりをよくして保湿効果も高い成分甘草(カンゾウ)はセラミド合成をして刺激に強いお肌を目指すような成分ブクリョウは保湿・美肌成分、センキュウくすみと肌荒れによい成分が使用されております。プラスで美肌成分のある高浸透型ビタミンC誘導体も入っています。それと3つの成分、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンの保湿成分でお肌の保護力アップをねらいます。

ピオリナの詳しい公式サイトはこちら>>>

ピオリナ、しろ彩の二つの化粧水の、肌に良くない成分は?敏感肌に使える?

ピオリナは香料、着色料、合成界面活性剤が不使用な為、お肌の弱い人でも安心して使えます。ただ、少し引っかかるのがパラベンを使用されていることです。パラベンとは防腐剤のことです。それ以外は特に問題がなさそうです。

しろ彩は香料、着色料、アルコール、パラベンなどの成分は入っていません。しろ彩化粧水は成分にこだわっているようで、公式サイトでも、無添加にこだわりました!と書いてあります。しかし公式サイトで全成分を確認したところ、しろ彩化粧水にはクロスポリマーとステアリン酸グリセルという合成界面活性剤が2種類使われていることがわかりました。その点が少し心配です。

しかし、しろ彩は30日間返金保証付き(定期コースのみ)なので合わないと感じたら一本すべて使いきっても返金されます。一方ピオリナも30日間の返金保証制度があり、使用してお肌に合わない場合には30日以内なら返金可能です。

 

ピオリナ化粧水としろ彩化粧水を調べた結果のまとめ

どちらにも気になる成分が入っていますが、ピオリナ化粧水はパラベンくらいかな?ということと、値段的にもピオリナ化粧水のほうが安いため、学生さんでも手を出しやすいですね!

しろ彩は成分が気になりますが、お肌に良い成分も入っているので絶対ではないですが、人によっては自分に合う!なんてこともあると思います。しろ彩もピオリナも30日間の返金保証もありますので、赤ら顔や敏感肌の人は一度お試しで使ってみてもよいでしょう。もしも合わないと感じたらすぐ使用をやめることが大事です。ご自身に合った化粧品がみつかるとよいですね。

 

ピオリナを最安値購入できるサイトはこちら>>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です